生活相談員の適性(向いている人)

生活相談員転職TOP >> 生活相談員の転職の基礎 >> 生活相談員の適性(向いている人)

生活相談員の適性(向いている人)

生活相談員の仕事とは、利用者やその家族の相談に乗って、問題を解決することです。言葉で言うと簡単ですが、これは非常に難しい仕事です。ですので、せっかく念願の生活相談員になれても、自分には向いていないのではないかということで悩んでしまう人が多いのです。

生活相談員に向いている人とはどんな人なのでしょうか。まずは、人とコミュニケーションを取ることが得意な人に適性があるのは当然だと思われます。ですが、よく「私はおしゃべりだからコミュニケーション能力が高い」という声をよく聞きますが、おしゃべりな人が生活相談員に向いているとは限りません。

生活相談員に求められるコミュニケーション能力とは、すなわち「聞き上手なこと」です。こちらから情報を発信することよりも、相手の事情を聞き出すことが仕事の第一歩であるからです。

相談に乗り、問題を解決するということは、相手の話を聞いて導いてあげるということです。悩んでいる人というのは、往々にして自分の中に答えを持っており、それを話していくことで問題が整理され、答えが浮かび上がってきます。ですから、悩んでいる人や問題を抱えている人は、まず話すことでスッキリして、悩みが消えることがあります。

生活相談員の仕事は、利用者に話をさせて、答えを導き出してあげることです。そして、解決の補助になるサービスや設備を紹介してあげます。ですから、聞き上手の人に適性があるということになります。

もう一つ、生活相談員に適性があるのは、誰とでもすぐ打ち解けられる性格であるということです。聞き上手であることと同様に、相手に対して親身になれる人ほど生活相談員に向いていると言います。

介護の現場で働いていると、最初の方はなかなか利用者に打ち解けてもらえず、やりづらいことがあります。介護の現場はお互いに心を開かなければ上手く行かないことが多々あるのです。それは生活相談員も同様です。相手に打ち解けてもらって、初めて相手の本音が聞き出せるのです。相手に打ち解けてもらえるまで時間がかかっては、仕事がどんどん遅くなってしまいます。

相手に打ち解けてもらうには、まずこちらから打ち解けることが大事です。よく、初対面なのにまるで昔からの友達のように接する人がいますが、そういう人ほど生活相談員に向いているのです。馴れ馴れしいのはよくありませんが、どんな人にも心を開いて接することができれば、相手もすぐに心を開いてくれるものです。

生活相談員の転職エージェント人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
かいご畑 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 生活相談員向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.