生活相談員とケアマネの違い

生活相談員転職TOP >> 生活相談員の転職の基礎 >> 生活相談員とケアマネの違い

生活相談員とケアマネの違い

利用者のみなさんからや、介護施設で働いている人たちからも挙がってくる質問で、「生活相談員とケアマネはどう違うのか?」というものが多くあります。どちらも、介護施設には配置することが決められている職員ですが、生活相談員と、ケアマネことケアマネージャーは、全く違う部分と似ている部分があるので、混同しやすいものです。

介護保険法的に言えば、生活相談員は、要介護者の社会生活上の便宜の供与、行政機関への手続きの代行、家族との連携確保などが業務とされています。一方でケアマネージャーは、施設サービス計画の作成、入退所に際し情報提供や関係者と連携を図る、とあります。

つまり、生活相談員は要介護者や家族の相談に乗り、それぞれ個人の事情を汲みながらケアプランの手続きをする仕事で、ケアマネージャーは、医師や理学療法士などと連携しながら、施設全体の介護計画を作るのが仕事です。そのため、両者には必要な資格も違いがあります。

生活相談員に必要とされる資格は、「社会福祉士」か「精神保健福祉士」で、どちらも身体上、もしくは精神上の障害があり日常生活を営むのに支障がある人々の相談に応じて、助言や指導、援助を行う専門職です。ソーシャルワーカーとも呼ばれています。

ケアマネージャーに必要な資格は、そもそもケアマネ資格と言って「介護支援専門員資格」というズバリの名称のものです。要介護者や家族の相談を受け、ケアプランを作成し、他の事業者との連絡調整を行うための専門資格であるとされています。

こうしてみると、生活相談員は個人のケアが主な仕事、ケアマネージャーは施設全体のマネージメントが主な仕事、というように分けられるといえます。

しかし、この違いは利用者から見るとあまり差が無く、生活相談員とケアマネージャーは似ている職業だと思われがちです。

実際、個人の介護に関する相談を、生活相談員が受けた場合、まずはケアマネージャーと協議して介護プランを作成します。ケアマネージャーは、そういった相談を組み上げて、施設全体のケアプランを組みます。場合によっては、ケアマネージャー自身が、要介護者のヒアリングを行うこともあり、生活相談員に報告して必要な手続きを取ってもらうということもあります。

このように、両者が密接に連携して初めて一つの仕事が行えるのが、生活相談員とケアマネージャーの仕事なのです。施設によっては同じ人が両方を兼務している場合もあり、両者は切っても切れない関係にあると言えるのです。

生活相談員の転職エージェント人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
かいご畑 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 生活相談員向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.