生活相談員の1日の流れ

生活相談員転職TOP >> 生活相談員の転職の基礎 >> 生活相談員の1日の流れ

生活相談員の1日の流れ

一口に生活相談員の1日と言っても、老人ホームなどの入居型の介護施設か、デイサービスなどの通所型の介護施設かによって、スケジュールが違ってきます。まずは、老人ホームなどで働く生活相談員の1日を見てみましょう。

8時に出勤してから、制服などがあれば制服に着替えます。そして、だいたいの施設が8時半くらいからミーティングを行います。老人ホームなどの入居型の介護施設において、このミーティングは非常に重要です。大抵の場合、夜勤している宿直のスタッフがいるはずです。朝のミーティングでは、その夜勤スタッフからの情報を共有する必要があるのです。入居者の様子は夜中に変化することが多く、夜勤スタッフからの情報は、その後の介護プランにとっても非常に重要です。

9時から本格的に業務開始となりますが、生活相談員の仕事は非常に多岐にわたります。まずは、午前中にやっておくべき行政機関や他関連施設との打ち合わせなどを行います。そして、入居志望者やその家族への施設やケアプランの説明や、見学希望者の施設内案内などを行います。

12時に昼食を摂ると、午後からは施設内に向けた業務が中心となります。入居している人たちのケアプランの見直しや、入居者やその家族からの相談に対応したりと、本来の生活相談員の仕事が集中します。また、ケアプランの見直しには、ケアマネージャーや担当医師との打ち合わせなどの業務も必要となってきます。その後は面談記録の作成や、入居希望者からの提出書類のチェックなどをして、18時ごろ退勤となるのが一般的です。

さて、デイサービスなどの通所型の介護施設では、生活相談員はどのような1日を過ごすのでしょうか。8時に出勤して制服に着替えた後は、同じく8時半からミーティングです。夜勤職員がいないデイサービスでは、その日の予定を確認することが主な目的となります。

9時に、利用者のみなさんがやってくると、出迎えるのも重要な仕事になります。利用者のみなさんへのケアが始まると、人手が足りない場合は手伝いますが、そうでない場合は老人ホーム同様の事務仕事となります。

その後は、老人ホームとあまり変化のない業務をこなして行くことになりますが、大きく違うのは利用者の送迎です。時には利用者の自宅まで、送っていくこともあります。デイサービスのスタッフならではの仕事です。その後、利用者が全員帰宅した後に再びミーティングを行い、書類整理などをした後、18時頃退勤となります。

このように施設によって違いはありますが、生活相談員の1日は、常に忙しく充実した毎日です。

生活相談員の転職エージェント人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
かいご畑 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 生活相談員向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.