生活相談員の転職と志望動機

生活相談員転職TOP >> 生活相談員の転職の基礎 >> 生活相談員の転職と志望動機

生活相談員の転職と志望動機

どんな職業でもそうですが、新しい職場に移る際に、採用担当者が最も重視するのは、その人がなぜその職業を、なぜその職場を選んだのかという理由、つまり志望動機でしょう。

その施設で生活相談員として働きたい、転職して条件の良い所で働きたい、そういった場合、まずはその施設の人が、あなたに志望動機を問うことでしょう。そこで、それにあなたはなんと答えたらよいのでしょうか?

まずは、その施設がどんな所なのか、しっかり答えられるようにしておかなくてはなりません。どんな施設かも分からないのにそこで雇用されたいとは、あまりにも説得力のない話に聞こえてしまうからです。特別養護老人ホームなのか、有料老人ホームなのか、デイケアサービスセンターなのか、病院なのか。そして、それらの施設の違いを明確に答えられて、その特徴に沿った自分の志望理由を語ることが大切です。

もちろん、数多ある同様の施設の中で、なぜそこを選んだのかも明確になっていなければなりません。つまり、ある程度の下調べが必要となります。

そしてその上で、なぜ生活相談員として働きたいのかも明確に答えられなければなりません。介護スタッフと、ケアマネージャー、そして生活相談員の違いはなにか。それが解っていないと、数々ある介護の仕事のなかで生活相談員を理由が不明瞭になり、志望動機も弱く受け止められてしまいます。

これらを踏まえた上で、ご自身の志望動機を整理してみてください。もちろん、数々の施設に応募していく訳ですし、それぞれのみなさんの事情もあるため、その結果できた志望動機は千差万別でしょう。その上で、例え話を交えながら、志望動機の論理的展開を考えてみましょう。

第一にその施設で働くことの魅力を明確にします。例えば特別養護老人ホームならば、要介護の高齢者のケアをする施設ですから、「要介護の入居者様のお世話をすることで、社会に貢献できる」など、その施設の要点を盛り込んでいくことが大切です。

さらに、応募する施設の特徴を指摘します。「地域で最も多くのご入居者様がいらっしゃる貴施設ならば、やり甲斐も地域への貢献度も高いと考え」など、第一の論旨につなげて考えると発想しやすいでしょう。

そして、生活相談員として働く動機を考えます。「要介護者のみなさんとご家族の不安を取り除くことで、人々を幸せにし、同時に自分も幸福感を得られる」 など、あなたが生活相談員を目指した理由を付けましょう。

このようにして、志望動機を明確にしていくと、自分ななぜここで働きたいかという気持ちを整理することができます。

生活相談員の転職エージェント人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
かいご畑 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 生活相談員向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.