生活相談員の転職と資格

生活相談員転職TOP >> 生活相談員の転職の基礎 >> 生活相談員の転職と資格

生活相談員の転職と資格

他の業種から転職して生活相談員になりたい人や、さらに生活相談員からキャリアップしていきたい人のどちらも無視できないのが、資格取得の問題です。

まず、生活相談員に転職するには、資格が必要となります。都道府県で違いがありますが、生活相談員は「社会福祉士」「精神保健福祉士」「社会福祉主事任用資格」のうちどれか1つ以上を持っていないといけないとされています。

「社会福祉士」は、介護業界ではポピュラーな国家資格の一つです。この資格を得るには、まずは国家試験を受けるための受験資格を得なければなりません。社会福祉士の受験資格を得るには、4つのパターンがあります。

まずは、4年制の福祉系大学で決められた課程を終了すること。または、福祉系の短大で規定の課程を終了して、1〜2年の実務経験を得ること。もしくは、一般の4年制大学を卒業し、一般養成施設に1年以上通学すること。そして、一般の短大を卒業して、実務経験を1〜2年、さらに一般養成施設に1年以上通学すること。これらによって、ようやく受験資格を得られます。

他からの転職で資格取得を目指すには、働きながら通信制の養成講座を受講するなどしなければなりません。さらに、試験自体も非常に難関だと言われていますので、しっかりとした勉強も必要です。

「精神保健福祉士」も国家資格です。精神的な障害がある人の支援をする専門資格です。この資格も、社会福祉士同様の受験資格を得るための条件があります。働きながらの取得を目指すには、通信制の福祉系4年制大学を受講するなどといった努力が必要となってきます。

「社会福祉主事任用資格」は、介護の資格の中でも非常に古いものの内のひとつですが、現在見直しが検討されているようです。「社会福祉士」「精神保健福祉士 」のどちらかを取れば、この資格を持っているとみなされるため、まずは上記二つの資格を目指しましょう。

生活相談員に必要な資格を取るのも大変ですが、そこからキャリアアップするための資格取得もまた大変です。

まず、ケアマネージャーを目指すなら「介護支援専門員」を取得しなければなりません。これにも受験資格があり、「国家資格を持った上で、5年以上かつ900日以上の実務経験」があって、ようやく試験を受けることができます。試験も非常に難関とされているので、生活相談員をやりながらケアマネージャーを目指す人は、非常に熱心に勉強しています。

このように、転職にもキャリアアップにも資格取得が重要な鍵を握っているのです。

生活相談員の転職エージェント人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
かいご畑 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 生活相談員向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.