生活相談員に多い退職理由

生活相談員転職TOP >> 生活相談員の転職の基礎 >> 生活相談員に多い退職理由

生活相談員に多い退職理由

辞めてしまった生活相談員に話を聞く機会があります。話を聞いている中で、なぜ退職してしまったのか理由を問うと、よく聞かれるのが「自分の仕事がわからない」という答えです。

生活相談員の仕事は、利用者や要介護者とその家族の相談に乗って、問題を解決するというのが主な役割です。そして、その問題を解決できるサービスや介護プランを提案していきます。つまり、所属する施設の窓口のような役割も兼ねていることになります。そうすると、周囲からは外部との調整役の様な役割も期待されてしまいがちです。他施設や地域との調整や、医療機関、外部業者との連絡などの仕事を、生活相談員に任せる施設があります。

さらに、利用者の契約書類などの作成を行うことから、事務方の代表のように扱われることもあります。そうすると、小さな施設などでは事務処理的な書類作成などの業務が回ってくることもあると聞きます。また、人手がまだまだ足りない介護業界ですので、介護スタッフが足りない施設などでは、直接介護の手伝いなどをやらなくてはならなくこともあります。

このように、まるで「便利屋」のような仕事が次々と舞い込みやすいのが生活相談員です。これが、「自分の仕事がわからない」という退職者の言葉の原因です。生活相談員の本来の仕事以上の仕事を任されていたのです。そのような状況では、残業ばかりがどんどん増え、自分の自由な時間がなくなったり、多すぎる量の仕事に圧迫され本来の仕事ができなくなったり、体を壊してしまって退職する人が多いのです。

もう一つ、生活相談員の退職理由として多いのが、その仕事の難しさです。生活相談員の仕事は、利用者やその家族の相談に乗ることですが、相談に乗るというのは一筋縄でいきません。それぞれの生活環境や家庭の事情、体の状態などは千差万別です。つまり相談内容はひとつとして同じものはありません。それに対して適切な解決策を提示していくのは、非常に難しいスキルが求められます。時には失敗することもあります。

しかも、相手は大抵が自分よりも長く人生を経験してきた人たちです。そんな人達の複雑な問題を、まだ人生経験が浅い自分が解決できるのだろうかと、多くの生活相談員が悩みを抱えてしまいます。生活相談員は失敗を繰り返しながらそれを経験として蓄積して、スキルを身に付けて行くのですが、それに至るまでに繰り返されるに失敗に心が折れてしまう人が多いようです。

生活相談員の転職エージェント人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
かいご畑 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 生活相談員向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.