生活相談員のやりがい

生活相談員転職TOP >> 生活相談員の転職の基礎 >> 生活相談員のやりがい

生活相談員のやりがい

経験をつみ、スキルが上がっていくにつれ、その仕事にやりがいを感じていくのが生活相談員の仕事です。数ある介護業界の仕事の中でも、やりがいを感じるという人が多いのが生活相談員ではないでしょうか。

多くの人は、年老いていくにつれ様々な悩みを抱えるようになります。何の憂いもなく老後を迎えられる人はほんの一握りです。要介護者ともなれば、体のことや生活のこと、お金のこと、様々な悩みが発生します。ましてやその家族も、同様の悩みを抱えることでしょう。悩みを抱えるということは、その心を奪われるということです。

そんな高齢者やそのご家族と、直接向き合ってその言葉を聞くことが生活相談員の仕事です。つまり、相談相手の心を開放させてあげるという、重大な役割を担っているのです。

高齢者やご家族の悩みは千差万別で、多岐にわたり、一つとして同じ相談は無いことでしょう。しかし、そんな悩みに真摯に向き合い、時間がかかってもいいから解決できた時の喜びは何者にも代えがたいでしょう。

そして、その喜びはあなただけのものではありません。当然、問題を解決してもらった利用者や高齢者も喜びはひとしおです。その時は、溢れるような笑顔であなたに感謝するでしょう。何しろ、あなたのお陰で心が開放されたのですから。

その時は、まるで自分自身が相談者の家族となったかのような錯覚を覚える人もいると言います。近年、ここまで人に感謝される仕事はそう多くはありません。それは、生活相談員が人の心を支えていく仕事だからではないでしょうか。

この様に、相談者に対して真摯に向き合ってこそ、生活相談員としてのやりがいが見いだせるのです。その相談が困難であればあるほど、解決した時の達成感は高いものでしょう。

こうして、ひとつひとつ経験を積み重ねていって、多くの人から信頼をよせられる生活相談員になっていくのです。

ベテランの生活相談員ともなると、多くの利用者や高齢者、その家族からの信頼を勝ち取っていき、周囲に自分の身内がどんどん増えていくように感じるそうです。そうすると、その人達がまた笑顔になるように、ますます仕事に身が入っていく。そんな仕事ぶりが生活相談員の理想だと言われています。

4人に一人が高齢者であるという超高齢化社会になってしまった現代日本。そんな日本において、介護の現場という高齢者の生活の根幹を支える現場で、なおかつその心を支える役割、それが生活相談員の重要な職務です。

これほどまでにやりがいのある介護の仕事は、他にはなかなか無いという声が多くの生活相談員から上がっています。

生活相談員の転職エージェント人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
かいご畑 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 生活相談員向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.