生活相談員の給料相場

生活相談員転職TOP >> 生活相談員の転職の基礎 >> 生活相談員の給料相場

生活相談員の給料相場

生活相談員の給料に関しては、勤務先や雇用形態、資格やスキル、経験などによって様々です。あくまでも参考ですが、とある調査によると、生活相談員の最も多い給料は、年収にして300万円から400万円、月給にして20万円から25万円のあたりだそうです。

他の調査によると、全国平均は正社員などの直接雇用だと年収320万円、月給22万円、時給にして1,050円で、派遣だと年収343万円、月給20万円、時給1,112円という数字が出ています。これは、介護士、ホームヘルパーなどの介護スタッフよりも若干多く、ケアマネージャーよりも若干低いくらいです。

都道府県別に見ると、やはり東京都や、神奈川県、千葉県、埼玉県といった首都圏は全国平均よりも高い傾向にあります。他にも、愛知県などは介護業界で働く人全体の平均給与が高い傾向にありますが、大阪府や福岡県は全国平均とあまり差がありません。

このように、給料や年収が決して高いとは言えないのが生活相談員の実際です。そのため、現在の立場に甘んじること無く、キャリアアップを目指していこうと頑張っている人が多いのも事実です。

1番多いのが、生活相談員として働きながらケアマネージャーを目指しているという人でしょう。ケアマネージャーになるには、5年以上かつ900日以上の実務経験が必要であり、試験合格後も研修を受けなくてはならないなど、非常にハードルが高い職業です。

しかし、ケアマネージャーの資格を取れば、職務手当が加算される場合が多いです。特に、特別養護老人ホームなどではケアマネージャーが生活相談員を兼務している場合が多く、資格を取ればますます条件の良い職場を選ぶことができるようになります。このため、生活相談員として働いて経験を積みながら、ケアマネージャーに挑戦したいという人が多いのです。

さらに、精神保健福祉士や介護福祉士などの資格を取ると、資格手当が加算されるというところも多く、働きながら資格試験のための勉強を続けている人も大勢います。また、キャリアップするためには、施設長だったりセンター長だったりといった管理職を目指す方法もあります。

介護業界全体がまだ若い業界ですので、その全体の収入がまだ上がっていないというのが現状です。しかし、高齢化社会が進む中で引き続き需要が増大していくのが生活相談員です。成長業界での安定した仕事というのが、1番の魅力なのではないでしょうか。

生活相談員の転職エージェント人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
かいご畑 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 生活相談員向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.