生活相談員の仕事内容

生活相談員転職TOP >> 生活相談員の転職の基礎 >> 生活相談員の仕事内容

生活相談員の仕事内容

時々、生活相談員の人から仕事に対する悩みを聞くことがあります。その多くが「自分の仕事が良くわからない」といった悩みです。生活相談員とは、その職業の名前が表す通り、生活の相談に乗るのが仕事と言われています。介護施設やデイサービス、病院などで、要介護者やその家族の話をヒアリングし、その人達の不安を解消してあげるのが仕事です。

さらに、要介護者の健康状態やそれぞれが抱える事情を加味して、介護プランや施設のサービスを提案します。そのため、ケアマネージャーや医師と調整や打ち合わせをしたり、関係機関との連絡を行うこともあります。サービス利用者の契約や、これからサービスを利用したいといった人に対して、施設の窓口となって説明をしたり、契約などのための書類を作成したりといった仕事も含まれます。

生活相談員の仕事は多岐にわたります。主に他者とのコミュニケーションが仕事の大半であり、専門的な知識や経験はもとより、幅広く人生や生活に関する見識が求められる、難しいけれどやりがいのある仕事です。しかし、一見すると普通の事務職と同等に見られることがあり、人手が足りない施設などではその施設の事務処理を任されることも多いのも事実です。

「仕事が分からない」という悩みを打ち明けていた生活相談員の職場も、まさにその様なところで、膨大な量の事務処理や書類仕事があったようです。他にも雑務などを頼まれることもあり、広い範囲での仕事の処理能力が求められる場面も多いようです。

そうでなくても生活相談員の業務は膨大ですから、小さな施設で相談員が少ない場合などでは、窓口業務を一人で全て対応しなくてはならないといった問題もあります。さらに、どこでも人手が足りないのが介護業界の常です。他部署で人手が足りなくなったら、応援と称して介護やケアの現場に駆り出される場合もあります。

しかし、本来の生活相談員の仕事は、人の悩みに向き合い、親身になって解決へのお手伝いすることです。非常に難しく、失敗することも多いですが、やり甲斐のある仕事です。要介護者やその家族と親身に向き合った結果、その問題を解決できた時の喜びは他には代えがたいものがあります。お客様から笑顔で「お陰で問題が解決した」と非常に感謝される場合も多々あります。そういった時こそ、生活相談員をやっていてよかったと思うことでしょう。とても大変な仕事だからこそ、やり甲斐があるとも言えるのではないでしょうか。

生活相談員の転職エージェント人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
かいご畑 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 生活相談員向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.