服装自由の生活相談員の求人

生活相談員転職TOP >> 条件別の生活相談員の求人 >> 服装自由

服装自由の生活相談員の求人

服装自由の生活相談員の求人は全国至る所に見つかります。制服着用が義務付けられていないところであれば、基本的に服装の自由度は高いと思ってよいでしょう。しかし、自由だからといってどんな服装でも良いわけではありません。生活相談員ともなると、利用者とその家族、主治医など外部の人と接する機会が一般の介護職員に比べて非常に多いですから、接する相手に不快感を与えないような服装が求められます。というわけで、服装自由の求人であれ、スーツとまでは行かなくても、清潔感を与える淡色系のパンツ(チノパン・スラックス)とシャツ(ポロシャツ)、上着用にカーディガンといった組み合わせになるのが一般的です。肌の露出度の高い服やミニスカートや短パンなどは常識から考えてNGでしょう。

生活相談員とは、施設が提供する介護サービスを利用者が受ける際、そのサービス内容についてわかりやすく説明し、契約などの手続きを行う職種です。利用者家族やケアマネジャーとの連絡や調整、サービス利用中の利用者のニーズを把握し介護職員に連絡するなど、施設の窓口や利用者と現場のパイプ役といった存在です。契約手続きなどで利用者の自宅を直接訪問することもあります。介護業務のみのスタッフであれば介助を行ううえで動きやすい服装であればかまいませんが、生活相談員はこのように頻繁に外部の人とも接する機会が多いので、服装があまりカジュアル過ぎるのも相手に良い印象を与えません。求人を出す施設側も、応募者はこれらのことをすでに心得ているものと思って服装自由にしているわけですから、常識の範囲内で考えましょう。

逆に、「外から来る人に失礼があってはいけないから」とスーツ着用を自分で義務付けるのもやり過ぎです。利用者のお年寄りのなかには、かっちりしたスーツ姿を見るとセールスマンなどを連想して「何か売りつけられるのではないか」と不安になったり、他人行儀で堅苦しくてイヤだと思ったりする人もいます。役所や病院などに行く時のためにスーツを用意しておくのは良い考えですが、基本的にはもう少しリラックスした服装を心がけましょう。

また、生活相談員の多くは介護業務も行わなければならないケースが多いです。その場合は、もちろん介助するのにふさわしい服装を用意しなければなりません。制服のない施設でも、介護職はポロシャツやジャージなど動きやすい服装と相場が決まっています。服装自由の求人でも、一度現場を見学させてもらって、ほかの職員と同じような服装にするのが無難でしょう。

生活相談員の転職エージェント人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
かいご畑 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 生活相談員向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.