20代に人気の生活相談員の求人

生活相談員転職TOP >> 条件別の生活相談員の求人 >> 20代に人気

20代に人気の生活相談員の求人

生活相談員というと、かつては、施設長など将来のマネジメント職になるためのステップアップのための職種という見方が一般的でした。実際、現在介護施設で施設長を務めている人の多くが過去に生活相談員の経験があります。しかし、現在では生活相談員も多様化が進んでおり、20代前半の若い人でも生活相談員として活躍している人がおおぜいいます。20代で生活相談員として採用されるか不安に思う人も多いようですが、このように状況が変化してきた現在では、十分可能であると最初にお伝えしておきます。

全国の生活相談員の平均年齢は約35歳です。ですが、冒頭でも述べたように20代前半で生活相談員になっている人がいますし、なかには新卒で採用される人もいます。一方で、40代、50代になってから生活相談員を目指す人もたくさんいるので、この職種はもはや年齢によって有利不利があるものではなくなってきたと言えるでしょう。

生活相談員の要件として、社会福祉士、社会福祉主事任用資格、精神保健福祉士のいずれかの資格を持っていることを掲げる施設は多いです。実際、生活相談員の約8割が、これらの資格のうち複数取得しているという調査もあります。ですので、20代で生活相談員に採用されるには、資格を取得しておくことが絶対に有利です。福祉系の大学や福祉系の養成校を出ている人であれば、介護業務の経験がなくてもいきなり採用されることも十分にあります。一方、自治体や施設によっては上記の資格がなくても生活相談員として働けるところがあります。ただし、その場合は介護職を数年経験していることが応募条件となることが多いですから、介護の経験もない、資格もない、という人ではなかなか採用は難しいと思った方がよいでしょう。しかし、現場で先輩の生活相談員をアシストしながら介護業務を覚えていき、ゆくゆくは生活相談員として一人前になれるように教育体制を整えている施設もあります。そういう施設の求人なら、資格も経験もない人でもチャンスはあるでしょう。

20代に人気の求人を見ると、経験の浅い若い人でも仕事をしながら覚えていけるようなサポート体制が整っている施設が多いです。逆に、生活相談員が1人しか配置できないため業務範囲が非常に広くなる小規模施設の求人はそれほど人気がありません。実際、そういう施設では生活相談員にベテランを求めているので、20代の採用は少ないでしょう。狙い目としては、生活相談員の業務や役割がはっきり分担されている、複数の生活相談員を配置している施設が挙げられます。

生活相談員の転職エージェント人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
かいご畑 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 生活相談員向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.