30代に人気の生活相談員の求人

生活相談員転職TOP >> 条件別の生活相談員の求人 >> 30代に人気

30代に人気の生活相談員の求人

一般的な職種では、30代という年齢だけで書類選考で落とされることがあります。一般企業では、ポテンシャルで採用されるのは20代の若者だけというところが多いのは事実です。しかし、介護業界はそのような年齢によるハンデはありません。40代、50代になって未経験から挑戦する人も大勢いる業界ですので、30代でこれから生活相談員を目指そうという人でも採用される可能性は大いにあります。

また、全国の生活相談員の年齢を調べた結果によると、約35歳が平均年齢であることがわかっています。つまり、30代とは生活相談員として働くのに最もふさわしい年代です。社会福祉士、精神保健福祉士、社会福祉主事任用資格のいずれかの資格を持っている人や、介護業界で何年も働いてきた人なら、応募可能な求人を見つけるのはたやすいことですし、これまでの職歴と関係なく異業種から目指すことも可能です。生活相談員という仕事は、施設の利用者やその家族から相談を受けたり、施設内の職員のパイプ役を務めたりといったコミュニケーション能力が重視される仕事です。ですので、たとえ介護業界未経験でも、社会人経験が10年以上ある30代なら、これまで培ったコミュニケーション能力を武器に、生活相談員として活躍して行けるでしょう。

そんな30代に人気の生活相談員の求人を見ると、残業が少なく土日が休みという特徴があります。特に30代女性の場合、結婚して子どもを生み、現在子育ての真っ最中という人が多いですから、残業や不規則な勤務体系で家庭をおろそかにできないという事情があります。また、20代は介護職として現場で経験を積んできたが、30代も半ばを過ぎ、若いころのような体力がなくなってきたという人が、肉体的にきつい介護職からデスクワーク中心の生活相談員を目指すというパターンも多いです。

こういう人たちに人気なのが、デイサービスの求人です。デイサービスは、介護老人保健施設や特別養護老人ホームのように24時間365日職員が常駐しなければならない施設と違って、平日の日中のみの営業というところが多いですので、生活リズムが安定しやすいという利点があります。ただ、デイサービスにも365日営業や夜間対応などを行っているところはありますから、日勤や休みを重視したいのであれば求人内容に注意してください。特に、生活相談員が介護業務もこなさなければならないところでは、業務内容が増えて残業や休日出勤を余儀なくされるという場合もあります。

生活相談員の転職エージェント人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
かいご畑 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 生活相談員向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.