50代に人気の生活相談員の求人

生活相談員転職TOP >> 条件別の生活相談員の求人 >> 50代に人気

50代に人気の生活相談員の求人

一般的な職種では、50代での転職はよほどのキャリアやスキルがある人でないと絶望的です。しかし、介護業界なら50代以上から新たに挑戦してくる人も大勢います。生活相談員の仕事は高いコミュニケーション能力が求められますから、社会経験を十分に積んだコミュニケーション能力に自信がある人であれば未経験でも挑戦は可能でしょう。

しかし、未経験といっても生活相談員の業務についてであって、介護全般がまったく初めての50代未経験者が生活相談員に採用されることはまずありません。少なくとも介護職としての経験が豊富にあって、介護保険など法律や制度についてもしっかり知識があることが前提です。もし、「介護に興味はあるけど体力に自信がないから、介護職ではなく生活相談員をやってみよう」という程度の動機ならば、最初から目指さないことをおすすめします。十分な覚悟を持って介護の世界に飛び込んでも、50歳から生活相談員になるには5年は必要でしょう。それを考えると、すでに50代後半に差しかかっている人が、ゼロから生活相談員を目指すのはとても現実的とは言えません。

もちろん生活相談員の経験がある人や、社会福祉士・精神保健福祉士・社会福祉主事任用資格の資格を有し介護業界に長く携わってきた人であれば、生活相談員として採用してくれる職場はいくらでも見つかります。生活相談員の経験はなくこれらの資格がないとしても、資格保有者と同等の知識やスキルがある介護経験者ならチャンスはあるでしょう。

ただ、いくら採用されるチャンスがあるといっても、長く働けれなければ意味がありません。実際、生活相談員の仕事だけをしていられる職場は少なく、多くの施設で介護業務との兼任が要求されます。移動介助や入浴介助など体力の必要な業務や、月に数回の夜勤が伴うこともあるので、「介護はムリ」という場合はかなり注意して求人を探した方がよいでしょう。なかには、上層部は介護の仕事はしなくてよいと言っているのに、現場の介護職員がそれを許さないような職場もあります。面接の際にしっかり確認してください。

このように困難もある50代の生活相談員への転職ですが、そんな50代から特に人気を集めているのがリハビリ特化型のデイサービスです。リハビリがメインですので入浴や排泄の介助がなく、生活相談員が体力仕事を求められる心配はありません。土日は休みですし、残業もそれほど多くないので、無理なく働き続けることができるでしょう。

生活相談員の転職エージェント人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
かいご畑 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 生活相談員向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.