60代に人気の生活相談員の求人

生活相談員転職TOP >> 条件別の生活相談員の求人 >> 60代に人気

60代に人気の生活相談員の求人

60代から新しい職場を探すのは一般企業では相当困難でしょう。しかし、介護業界では60代のシニアの力も必要としています。介護と聞くと、食事、排泄、入浴、移動などの介助をするのに体力が必要と思われるかもしれませんが、生活相談員はデイサービスなどの施設で契約や利用の手続きをするのがおもな仕事ですから、それほど体力を要する仕事ではなく、50代、60代の人も多く活躍しています。

もちろん誰でも生活相談員になれるわけではありません。生活相談員は職種の名前であって「生活相談員」という資格があるわけではありませんが、社会福祉士、精神保健福祉士、社会福祉主事任用資格のいずれかの資格を保有していることを要件にしている求人が多数です。ただ、都道府県によって生活相談員の要件には違いがあり、必ずしも上記の資格を保有することが採用の条件とはならないのです。また、大学で法学・経済学・心理学など指定科目を3科目履修していれば社会福祉主事任用資格が得られるので、職務経験に関係なく生活相談員に就くことが可能です。

とはいっても、介護の経験がまったくない60代をいきなり生活相談員に採用する施設は少ないでしょう。一般的には介護職として経験を積んで、知識、経験、スキルを積んでから生活相談員にステップアップするのが常道です。そこからさらにケアマネジャーや施設長などへとキャリアアップを目指す人もいます。ただ、高齢者施設が毎年全国各地に新設されている最近では、生活相談員も多様化してきており、年齢や経験に関係なく採用するところもできてきています。介護業界はどこも人手不足であり、生活相談員は最低1名配置することが義務付けられていますから、やる気さえあれば不可能ではありません。

しかし、実績のある規模の大きな施設に60代の未経験者が採用される可能性は極めて低いです。そこで狙い目なのが新設のデイサービスです。デイサービスでは老健や特養ほど体力を必要しないところが多く、新設の施設なら利用者もまだ少ないのでいきなり膨大な業務をこなさなければならないようなこともないでしょう。実際、デスクワークが中心で体力的な負担が少ないデイサービスの生活相談員求人は、50代、60代のシニアに人気です。新設では職員数もまだ十分でないので、生活相談員以外の業務を行わなければならないことも考えられますが、それでも60代から生活相談員を目指す人にはほかよりも可能性のある職場と言えるでしょう。

生活相談員の転職エージェント人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
かいご畑 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 生活相談員向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.