条件別の生活相談員の求人

生活相談員転職TOP >> 条件別の生活相談員の求人 >> 正社員

条件別の生活相談員の求人

高齢化社会の進んだ現在の日本では、介護職の求人は全国至る所にあります。一般の介護職と比べると生活相談員の求人は少なくなりますが、それでも求人が見つからないということはありません。介護老人保健施設や特別養護老人ホームなどの介護施設では、生活相談員を必ず1人以上配置することが法律で決まっているため、経験者であれば全国どこに行っても必要とされるでしょう。正社員の求人に限っても全国すべての市町村で一定数の募集があるため、条件にこだわらなければ採用される可能性は高いです。

生活相談員というと資格が必要な仕事に思えますが、実際は「生活相談員」という資格があるわけではありません。ただ、多くの施設で、社会福祉士、精神保健福祉士、社会福祉主事任用資格のいずれかを取得していることが採用条件になっています。しかし、実際は自治体や施設ごとに生活相談員の要件は異なり、これらの資格がなくても、ケアマネジャーや介護福祉士として一定の経験がある人や、ケアプランの作成経験者や施設長経験者なら、応募できる求人は多数あります。なかには一般の介護職で2〜3年の経験があるだけでも生活相談員に応募できる求人もあるので、多くの人が正社員の生活相談員として働けるチャンスがあるでしょう。逆に、経験がなくても福祉系の大学で資格を取得した人であれば、新卒で採用されることもあります。ただし、資格もなく介護業界の経験もまったくない未経験者がいきなり生活相談員に採用されることは難しいです。少なくとも介護や福祉にある程度通じていることが応募の最低条件と考えてください。

生活相談員の正社員求人はあらゆる媒体で見つかります。ハローワーク、求人誌はもちろん、施設のホームページ内で直接募集されることもあります。募集のある職場は介護老人保健施設や特別養護老人ホーム、また有料老人ホームやデイサービス、さらにショートステイやケアハウス、そしてグループホームや小規模多機能型居宅介護施設などと幅広く、地域を問わず常時募集されています。ただ、希望の職場にすんなり採用されるかといえばそれは別の話です。多くの施設では生活相談員は1名しか配置していないので、特定の施設を目当てに応募するというより、人員に空きのある施設の求人を見つけて応募する形を取らざるを得ません。また、施設によって生活相談員の業務範囲は大きく異なるので、なかには一般の介護業務を兼務しなければならないところもあることに注意してください。

生活相談員の転職エージェント人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
かいご畑 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 生活相談員向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.