高収入の生活相談員の求人

生活相談員転職TOP >> 条件別の生活相談員の求人 >> 高収入

高収入の生活相談員の求人

高収入の生活相談員の求人を見ていく前に、まずは生活相談員として働く人の平均年収を考えてみましょう。ただ、生活相談員といっても施設によって業務範囲はさまざまですし、保有資格や経験も人それぞれです。それに、地域や施設の規模によっても給与には大きな差があります。月給では20〜25万円、年収では300〜400万円が生活相談員の平均年収となっていますが、上記のように個々の状況に大きな違いがあることを覚えておいてください。

生活相談員に限らずほとんどの職種で年収には地域差があります。都心で働く人と地方の過疎地域で働く人ではやはり都心で働く人の方が高収入であるように、生活相談員についても同じことが言えます。ある調査によると、東京の生活相談員の求人から予測される平均月給は23〜35万円程度ということですが、札幌では19〜25万円、福岡では15〜21万円程度ということです。また、施設形態によっても違いがあり、介護老人保健施設や特別養護老人ホームよりデイサービスの方が給与は高くなる傾向にあります。それに、職員が数人の小規模の施設より何百人も職員を抱える大規模施設の方が資金も多いのが一般的ですから、職員の給与もそれに比例します。つまり、都心にある規模の大きなデイサービスの求人が、高収入が得られやすい求人と言えるでしょう。

ただ、誰もが都心で就職できるわけではありません。そこで、お住まいの地域で高収入の求人を見つけるための方法を考えていきましょう。まず、生活相談員のみの業務で破格の高収入を得るのはほぼ不可能です。生活相談員だけで年収500万円以上を稼ぐ人はほとんどいないでしょう。収入が多い人は介護福祉士やケアマネジャーを兼任しています。ケアマネジャーなら月給30万円以上も十分可能ですし、介護福祉士なら夜勤手当もあるのでその分収入が増えます。夜勤手当が1回につき5000円なら、月に4回夜勤をすれば月の手当が2万円です。基本給は介護福祉士より生活相談員の方が高いところが多いですが、夜勤手当の有無を考えると、両者を兼任するのが高収入への近道でしょう。実際、多くの施設が介護業務も行える人材を探しているので、介護福祉士の資格を持っている人ならば、ぜひそのような求人を探してみてください。

また、介護業界でキャリアアップを考える人は、生活相談員をゴールと思ってはいけません。初任給がよそより多少高くても、同じ仕事を続ける限り収入が大きく上がらないのが介護業界です。ですので、高収入を目指すなら、ケアマネジャーや施設長を目指せるようなスキルアップできる職場の求人を探すことが大切です。

生活相談員の転職エージェント人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
かいご畑 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 生活相談員向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.