未経験okの生活相談員の求人

生活相談員転職TOP >> 条件別の生活相談員の求人 >> 未経験ok

未経験okの生活相談員の求人

高齢化社会は留まるところを知らず、今後も急速に進むことが予想されています。そのため、介護の需要も増大の一途をたどっています。実際、多くの介護施設が毎年全国のいたるところで新設されています。ただ、それに携わる人材は追いついておらず、どの施設でも基本的には人手不足です。そのような背景に加え、介護施設では生活相談員を1名以上必ず配置しなければならないわけですから、生活相談員の求職者にとっては非常に有利な状況です。今後、日本の高齢化が急にストップすることも考えられないので、当分は介護業界を志望する人にとって売り手市場が続くでしょう。ですから、未経験者でも生活相談員として採用される可能性は大いにあります。実際、未経験OKの生活相談員求人も全国至る所にあるので、真剣に志望するのならば採用も遠くないはずです。

生活相談員としての要件は自治体や施設によってかなり違いがありますが、多くは社会福祉士、精神保健福祉士、社会福祉主事任用資格の資格が求められます。前者二つは国家資格ですが、社会福祉主事任用資格は福祉系の大学などで指定科目を履修していれば卒業と同時に自動で取れる資格です。ですので、介護業界はもちろん、社会経験のまったくない新卒者でも、資格要件的には生活相談員への応募条件を満たしている人がおおぜいいます。実際、新卒者を生活相談員に採用する施設もたくさんありますので、WEBなどを介して探せば未経験OKの求人は簡単に見つかるでしょう。資格もない、介護業界の経験もないという人でも、熱意さえあれば採用してくれるところはあります。

ただし、採用後すぐに生活相談員の業務に専念できるかは別の話です。介護職員として長年研鑽を積んでから生活相談員にステップアップするという人も、介護の知識も経験もまったくないという人でも、生活相談員の業務は未経験という意味では同じ未経験者ですが、両者はまったく性質が異なります。前者であればすぐにバリバリ活躍することも可能ですが、後者の場合、介護業務に携わりながら介護についての基本的な知識と技術、経験を積むことを要求されるところがほとんどでしょう。ですので、資格保有者も含めて介護業界での実務経験がない人の場合、未経験OKの求人でも、最初は介護職員として現場で仕事を覚えていく覚悟が必要です。いずれにせよ、生活相談員が1名のみの小規模な施設では未経験者が採用される可能性は低いですから、複数の生活相談員を置く規模の大きな施設を中心に求人を探すことが大切です。

生活相談員の転職エージェント人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
かいご畑 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 生活相談員向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.