激務でない生活相談員の求人

生活相談員転職TOP >> 条件別の生活相談員の求人 >> 激務でない

激務でない生活相談員の求人

生活相談員のおもな業務内容は、入所・退所の契約手続き、サービス利用者の環境整備、利用者家族からの相談対応、介護保険の請求、ケアマネジャーや主治医などとの連絡調整です。基本的にはデスクワークが中心の日勤業務ですので、一般の介護職のような肉体的な激務は少ないでしょう。ただ、生活相談員の業務範囲は施設によってかなり違いがあります。ケアマネジャーや介護福祉士が兼任しているところも多いです。生活相談員の求人に応募したのに、採用されたら介護業務全般を行わなければならなかったということも珍しくありません。

ですので、激務でない生活相談員の求人を見つけるには、まずは募集している施設の規模に注目しましょう。小規模の施設のほとんどが、生活相談員は1名しか配置しないので、必然的に生活相談員にかかる負担は大きくなります。なかには、介護業務が中心で空いた時間で生活相談員の業務を行うというところもあります。しかし、生活相談員を複数名配置している施設であれば、業務の分担がはっきり確立しているため、生活相談員以外の業務に忙殺される可能性が少ないです。ただ、施設の方針にも大きく左右されるので、大きな施設でもその人の経験やスキルによっては、採用後はまず介護業務全般をこなして経験を積むことが求められる可能性もあります。一概には言えないので、関心のある求人を見つけたら、職場見学をして実際にそこで働く生活指導員がふだんどのような業務に携わっているかを確かめてから応募するのがよいでしょう。

専任の生活相談員として働くことができれば、一般の介護職のように腰痛など身体的負担が伴うことは少ないですし、夜勤もないので生活リズムも安定させられます。その意味では激務の心配は少ないでしょう。しかし、精神的にしんどいと感じる人が多いのもこの仕事の特徴です。コミュニケーション能力が必要なのは介護職全般に通じて言えることですが、生活相談員の場合、利用者とその家族、現場のスタッフ、経営者などさまざまな立場の人の意見や要望を集約して最善策を提示しなければならないので、より高いコミュニケーション能力が必要です。それがスムーズに行かない場合は、クレームを受けたり謝罪が必要になったりということもあるでしょう。

肉体的なストレスは少ないですが精神的なストレスはかなり大きくなりますから、介護職からステップアップを考えている人は、体力的にラクになるから激務ではなくなると早合点しないでください。介護関係の仕事でラクな仕事はないと覚悟しておいた方がよいでしょう。そうでないと早期に退職を余儀なくされることも十分あり得ます。

生活相談員の転職エージェント人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
かいご畑 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 生活相談員向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.