デイサービスの生活相談員の求人

生活相談員転職TOP >> 勤務先別の生活相談員の求人 >> デイサービス

デイサービスの生活相談員の求人

あらゆる介護施設のなかでデイサービスは最も数の多い施設です。コンビニと同じぐらいあると言われるほどですから、それほど全国各地にあふれているということでしょう。それだけデイサービスが増えている理由は、それを利用する高齢者が増えているからなのですが、施設が増えているからといってそれに携わる人材が足りているかというとそうではありません。実際、どこの施設も慢性的な人手不足ですので、デイサービスの生活相談員求人を見つけるのは簡単です。施設のホームページで直接募集しているところも多いですし、ハローワーク、WEB、求人誌、新聞広告などあらゆる媒体に求人があります。年間と通じで地域を問わず求人が出ている状況ですので、デイサービスへの就職を考える生活相談員の方には非常に有利な状況です。

ただ、生活相談員といっても、どの施設でも業務内容が共通しているわけではありません。生活相談員の資格要件として社会福祉士、精神保健福祉士、社会福祉主事任用資格が必要になるところは多いですが、生活相談員の役割や目的は施設ごとに詳細がまったく異なります。規模の大きなデイサービスで生活相談員が複数在籍しているところでは、業務が細分化されているので1日中デスクワークというケースがありますが、多くのデイサービスでは介護職員の人数が足りていないこともあって、生活相談員も介護業務に携わらなければならないのが実情です。場合によっては、ほとんどが介護業務で、生活相談員の仕事は介護が終わった終業後というケースもあると言います。デイサービスの求人はより取り見取りですが、実際の仕事内容は施設によってまったく異なることを求職者自身がしっかり意識して応募先を選ばなければなりません。

求人情報をチェックするときは、おもに給与や勤務時間などに注目しがちです。デイサービスは日勤のみのところが多いので、夜間もサービスを提供するほかの形態の施設より待遇が良さそうに思えますが、実情はそうとも限りません。施設の規模によって同じ業務でもまったくボリュームが異なりますし、生活相談員が受け持つ業務範囲も大きく違います。ですので、給与条件だけを見て決めると、業務範囲が膨大で残業や休日出勤も日常茶飯事という可能性もあり、仕事量に見合う給与ではないということもあるのです。デイサービスに採用されることは難しくありませんが、働き始めてから「こんなはずではなかった」とならないように、仕事内容の詳細までしっかり調べてから応募するべきでしょう。

生活相談員の転職エージェント人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
かいご畑 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 生活相談員向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.