病院・クリニックの生活相談員の求人

生活相談員転職TOP >> 勤務先別の生活相談員の求人 >> 病院・クリニック

病院・クリニックの生活相談員の求人

病院やクリニックからの生活相談員の求人は、おもに医療ソーシャルワーカーという職種名で募集されています。生活相談員と共通するところは多いですが、病院と高齢者施設で性質に違いがあるように、業務内容や求められるものに若干の違いがあります。

生活相談員は、高齢者などの介護施設で利用者やその家族の相談を受けることがおもな仕事です。それ以外にも、契約などの手続き、利用者の環境整備、介護保険の請求、内外との連絡調整、営業活動などがあります。ただ、高齢者施設で生活相談員の仕事だけに専念できる人は少なく、多くは介護業務との兼任で行っています。資格要件は社会福祉士・精神保健福祉士・社会福祉主事任用資格を条件とするところが多いですが、これらの資格がなくても採用可能なところはあります。ベストは社会福祉士の資格所持者ですが、なかにはケアマネや介護福祉士の資格で応募可な求人や、無資格者でも採用がある施設もあります。自治体によって取り扱いが異なるので、応募前に確認が必要です。

一方の医療ソーシャルワーカーは、病院やクリニックでの生活相談員なのですが、高齢者施設と違って病院の入院患者の医療や福祉について相談を受ける仕事です。入退院の相談を受けたり、稼働率を上げるため介護施設と交渉したりといった業務が中心になります。高齢者施設に比べると相談業務は多くなく、ベッドの稼働率を念頭に病院経営にかかわる側面が大きい存在とも言えるでしょう。社会福祉士か、精神科なら精神保健福祉士の資格を必要条件としている病院が多く、無資格の未経験者では採用される確率は低いでしょう。

このように、病院の医療ソーシャルワーカーは高齢者施設の生活相談員より資格が重視される傾向があります。求人は見つかりますが、社会福祉士の資格がないと採用される可能性は低いです。ただ、収入に関しては高齢者施設の生活相談員と大きな違いはありません。平均的な年収は270〜350万円がボリュームゾーンとなっています。基本給では17〜23万円というところが多く、それに各種手当や賞与が付くという具合です。もちろん保有する資格や経験によって収入に違いがあります。

病院で相談員として勤務すると、勤務時間は病院の営業時間と同じで、夜勤は多少発生することもありますが夜勤はありません。休日も週休2日は保証しているところがほとんどです。高齢者施設より介護業務がないので体力的な負担は少ないですが、病院やクリニックによって事情が異なるので、具体的なことは応募先に詳しく尋ねましょう。

生活相談員の転職エージェント人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
かいご畑 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 生活相談員向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.