障害福祉施設の生活相談員の求人

生活相談員転職TOP >> 勤務先別の生活相談員の求人 >> 障害福祉施設

障害福祉施設の生活相談員の求人

生活相談員の求人は、高齢者施設だけでなく障害者福祉施設からも出ています。障害者福祉施設とは、生活全般に介護が必要な障害者を支援するための施設で、介護福祉士やヘルパーなどの職種が高齢者施設と同様に求められます。生活相談員もその一つで、全国の障害者福祉施設で募集されており、これまで高齢者施設でしか働いたことのない生活相談員の方でも応募可能です。

障害者福祉施設が高齢者施設と違うのは、入所者が高齢者に限らないところです。障害がある人が年齢にかかわらず入所している施設で、身体に障害がある人もいれば精神疾患のある人もいます。多様な利用者をサポートするのが障害者福祉施設で働く職員の役目です。生活相談員の役目は、入所者の生活援助、家族からの相談対応、契約などの手続き、スタッフの指導、行事の計画と実行、内外との連絡調整などが中心です。高齢者だけでなく若い人たちも多く入所する施設ですので、入所に至る過程は一人一人まったく違います。ですので、生活相談員は個々の利用者の家庭環境や来歴を把握し、それぞれのニーズをくみ取ってケアプランを作成していかなければなりません。高齢者施設と業務内容に違いはありますが、入所者のニーズを探り適切なサービスを提供するための存在ですから本質的には同じです。なお、障害者福祉施設では支援相談員や生活指導員という呼び名が使われることもありますが、生活相談員と違いはありません。

障害者福祉施設の生活相談員も、資格要件は高齢者施設と変わりません。多くの施設で社会福祉士、精神保健福祉士、社会福祉主事任用資格の保有を必須条件としています。しかし、「生活相談員」という資格があるわけではないので、これらの資格を取得していなくても採用可能な施設はあります。保育士資格があれば応募できるところも増えているようです。自治体や施設によって要件が異なるので、詳しくは希望の施設の求人情報をよく見てください。

資格を応募条件とする求人は多いですが、資格はあるが実務の経験はないという人よりは、相談や事務の業務経験があり、関連の制度やサービスに熟知している人の方が重宝される可能性が高いです。採用後スムーズに仕事に入れる人をどの施設でも求めていますから、たとえ資格がなくても福祉施設で実務経験がある人ならチャンスがあります。ただ、それに加えて資格を持っている人の方がやはり有利には違いないので、今のうちに取得できる資格があれば取得しておくとよいでしょう。

生活相談員の転職エージェント人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
かいご畑 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 生活相談員向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.