ショートステイの生活相談員の求人

生活相談員転職TOP >> 勤務先別の生活相談員の求人 >> ショートステイ

ショートステイの生活相談員の求人

ショートステイの生活相談員求人は、地域を問わず常時一定数以上が出ています。ですので、ショートステイに転職を考える生活相談員経験者の方なら、自分の希望に近い職場を探すのも困難ではないでしょう。ただ、ショートステイと一口に言っても、施設によって形態や業務内容はさまざまなので、給与や休日だけですぐに決めてしまわないよう注意が必要です。

ショートステイは、介護が必要な利用者が短期間入所するための施設です。連続で利用できる日数が30日までと決められています。ショートステイの生活相談員の仕事内容は、基本的にはケアプランの策定、利用日の調整、利用者の部屋の割り当て、内部・外部の関係者と連携・調整がおもですが、施設によって業務範囲はそれ以上になることもあります。なお、ショートステイは特別養護老人ホームなどに併設されている短期入所生活介護のタイプと、療養型の施設に併設される短期入所療養介護のタイプに分かれています。また、これらの高齢者施設に併設される形ではなくショートステイ専門の単独型の施設もあります。それぞれ提供するサービス内容が異なるため、生活相談員の業務内容にも若干の違いがあることは知っておきましょう。

短期入所生活介護と短期入所療養介護のショートステイは、特別養護老人ホームや介護老人保健施設などの施設に併設されているので、運営は同一法人です。そのため法人内で人員の調整がしやすく、介護職、看護師、生活相談員、栄養士など必要な人員を確保しやすいという特徴があります。一方、単独型のショートステイでは、必要な人員をすべて自前で確保しなければなりません。人手が十分に足りているという施設はなかなかなく、どこも慢性的な人手不足と呼べる状況ですから、そういう施設に採用されるとなると、生活相談員の仕事だけに専念すればよいという状況にはなかなかならないようです。生活相談員もほかの介護職員と同じように介護業務に携わり、介助や送迎などで一日中動き回らなければならなくなる可能性があります。生活相談員のデスクワークは介護業務が終わってから残業で行うという人も多数いますので、職場によっては労働時間が長くなるでしょう。しかも、残業代が付くならともかく、サービス残業を余儀なくされず苦労している人もいるようです。

ショートステイの生活相談員は、職場によって上記のように大きな違いがあります。給与などの条件以外に、職場の実態をよく調べてから応募するようにしましょう。

生活相談員の転職エージェント人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
かいご畑 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 生活相談員向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.