生活相談員向け転職エージェントランキング

生活相談員で転職をお考えの方へ

生活相談員は介護利用者やそのご家族の支えになる重要なお仕事ですので、これからの介護業界においてもニーズが絶えない業務となるでしょう。転職を考えた時、自分の希望をしっかり見据えた上で転職先を探す必要があります。

こういった場合に非常に便利なのが介護職専門の転職エージェントです。業界大手のかいご畑では介護職の求人を豊富に扱っていますので、まずは気軽に相談してみるのがいいでしょう。

生活相談員の転職エージェント人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
かいご畑 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
かいご畑は、教育事業や人材サービス事業をてがけるニッソーネットの運営による紹介予定派遣が中心の求人サイトです。介護未経験でもOKな求人が多いことが大きな特徴ですが、資格所持者が優遇される求人も豊富に扱っています。社会福祉士など生活相談員に必要とされる資格を持っている人なら、相談業務に専念できる条件の良い待遇も非公開で紹介してもらえるでしょう。デイサービス、介護老人保健施設、特別養護老人ホーム、有料老人ホームなど施設の形態も幅広く取り扱っています。

クリックジョブ介護 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
全国8カ所に拠点を持つ介護職専門の人材紹介会社がクリックジョブ介護です。介護士の求人が多いですが、もちろん生活相談員の求人も多数扱っています。正社員求人が多いのが特徴で全体の約7割を占めます。求人先は全国にありますが、やや都市部の方が強い印象です。クリックジョブ介護が支持される理由は、採用までの応募書類の書き方や面接対策、日程調整、条件交渉はもちろん、採用後もサポートがあることです。困ったことがあっても手厚くサポートしてくれます。

ベネッセの介護士お仕事サポート 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
ベネッセの介護士お仕事サポートは、ベネッセグループ内のベネッセMCMが運営する医療・看護・介護に特化した転職エージェントです。介護施設、医療機関、一般企業とさまざまな求人を扱っているため、全国のあらゆる施設の生活相談員の求人を多数扱っています。特に多いのがデイサービスなどの小規模な施設ですから、デイサービスで生活相談員として勤務したい方はぜひ利用しましょう。条件や待遇の良い非公開求人も豊富に取り揃えています。

介護エイド 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
介護エイドは、東京、神奈川、千葉、埼玉の介護関係の求人を扱う転職エージェントです。取り扱う求人が首都圏に限られますが、このエリアの求人を1万件以上もそろえているので、首都圏で生活相談員の求人を探している人には最適でしょう。介護エイドの特徴は、人間関係を重視して求人を厳選しているところです。介護業界では人間関係が問題になることが多いですが、こちらでは入社前の職場見学も可能ですので、安心して就業を決められるでしょう。

MC介護のお仕事 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
MC介護のお仕事は、医療・介護分野を手がけるメディカル・コンシェルジュの運営の求人サイトです。さまざまな施設や企業の求人情報を扱っており、介護関係の職種の総合情報サイトといってもよいでしょう。非公開求人が特に多いことがMC介護の大きな特徴で、全体の約8割が一般には公開されない条件の良い求人です。生活相談員の求人には介護職との兼任も多いですが、介護業務が必要ない相談業務に特化できる人気の求人も非公開求人では見つかります。

生活相談員の転職事情は?

近年、ますます需要が高まり、注目されているのが介護の仕事です。でも一口に介護の仕事と言っても、介護福祉士やケアマネージャーなど、様々な仕事があります。そのような中で、最も人気が高いのが生活相談員ではないでしょうか。

生活相談員とは文字通り、介護施設やサービスを利用する人やその家族の相談に乗るのがその仕事です。ソーシャルワーカーと同様に考えられる場合もあります。相談者のみなさんの事情をヒアリングし、問題を解決したり、介護プランやサービスを提案し、手続きを行うことなどが役割です。

高齢化が進む中、老人介護施設や特別養護老人ホームなどがますます増えていっています。こういった老人介護施設などでは、必ず生活相談員を配置しなければいけないとされています。ですから、生活相談員の需要も年々高まり、その需要が無くなることはないだろうと言われています。そのため、他業種から介護業界への転職を考える人からも、目指したいという声が1番多くあがるのが生活相談員です。

一方で、要介護の利用者やその家族の話を聞き、それぞれが抱える問題を解決していかなくてはならないという、難しい職務でもあります。ですから、経験の乏しい相談員がその職務に悩み、離職していく人が多いのも、生活相談員という職業の特徴でもあります。

さらに、どこの施設も介護の現場は人手不足が常となっています。多くの介護者を抱えながらも職員が足りない施設では、生活相談員も介護の現場に駆り出されることも多いのが事実です。そうなると、生活相談員の仕事と介護の現場の仕事が両立出来ずに、離職してしまったという人もいます。

ですが、施設には必ず生活相談員を設置しなければならないので、その需要は絶えることがありません。中には、福祉施設や介護サービスで働いて経験を積みながら、そのポストが空くのを待っているという人もいます。ですから、介護経験豊富な転職希望者には職場を変えることも容易な職業であると言えるかもしれません。

難しいこともたくさんある職業ですが、一度やりがいを見出すことができれば、非常に充実した仕事ができるのが生活相談員です。求人も多いため、自分に合った職場を求めて転職を繰り返す人もいます。

この様に、需要と供給どちらも多いがゆえに、絶えず人が循環してくのが生活相談員の転職環境であるとも言えます。みなさん、よく吟味して自分にあったやり甲斐のある職場を探しているのです。

生活相談員の働く場所は?

介護職の中でも、生活相談員が活躍する場は非常に多岐に渡ります。中でも今1番需要が高まっているのが、老人福祉の現場でしょう。

今や、4人に一人が高齢者といわれている「超高齢者社会」となったのが現代日本です。そんな社会ですから、特別養護老人ホームや有料老人ホームといった施設はますます増えていくでしょう。それらの施設では、生活相談員を入所者100人に対し1人置くことと配置が義務付けられているので、生活相談員の需要もどんどん高まっています。

特別養護老人ホームとは、介護老人福祉施設とも呼ばれます。運営するのは社会福祉法人や地方自治体などなので、公的な施設と言えます。65歳以上で要介護1〜5の認定を受けていて、常に介護が必要な人が入居対象です。寝たきりの人や認知症の人も多く、家族も深い悩みを抱えていることが多いので、そこで働く生活相談員も高いスキルが求められます。

他にも、民間が運営する老人ホームも、生活相談員の職場として挙げられます。65歳以上の方が入居し、要介護の方が入るホームもあれば、自立して生活できる人が対象のホームもあります。そういった施設でも、生活相談員が必要とされています。入居者の相談を受けるだけでなく、地域との連携や調整などといった仕事もあります。

また、デイサービスセンターや介護を行う病院など、老人福祉の現場には生活相談員の需要が必ずあると言っても過言ではありません。デイサービスセンターとは、通所介護施設とも言います。要介護者が自宅から通い、食事や入浴などのサービスを受けたり、生活機能を向上させるための訓練を受けるのが目的です。

外から来る利用者に対して相談を受けるのが生活相談員の役割ですが、時には利用者の自宅を訪問して、ご本人やご家族からヒアリングして、今後のケアプランを立てるといった業務も発生します。

デイサービスでの生活相談員の仕事は非常に多く、そのため離職者も非常に多いのです。逆に言うと、それだけ求人も多く転職を考える人にとっては狙い目の職場とも言えます。

さらに、病院でも生活相談員の仕事があります。病院での生活相談員は医療ソーシャルワーカーとも言われています。行う業務にはあまり差がありませんが、社会福祉士の資格を必須として求人している場合が多いようです。

このように、生活相談員の働く場所は多岐にわたり、それぞれに環境の違いがあります。しかし、要介護者の親身になって話を聞くといった基本の業務に変わりはありません。


Copyright (C) 2017-2018 生活相談員向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.